• Document: 論文18_岩井
  • Size: 576.32 KB
  • Uploaded: 2019-07-17 02:33:30
  • Status: Successfully converted


Some snippets from your converted document:

デンソーテクニカルレビュー Vol. 18 2013 特集 車載向けサービスプラットフォームの構築と評価* Design and Evaluation of an Automotive Service Integration Platform 岩井明史 Akihito IWAI Automotive electronics control systems, which are operated by various types of in-vehicle information/function, continue to become large in scale and complex according to the widespread use of the sophisticated driver-assist- systems, etc. in the market. Moreover, outside the vehicle, various communication services are growing widely, and those services have become to be closely linked to vehicles through mobile information devices. The fusion of in-vehicle information/function and out-of-vehicle information services progresses towards service integration sys- tems. Nowadays, the automotive industry is striving to realize a reliable and safe service integration system. This paper presents a newly developed automobile-oriented service integration platform based on SOA (Service- Oriented Architecture) which is platform architecture to integrate the information service and communication service via the Web. Additionally, we present evaluation results of this functionality and real-time performance from an architectural point of view regarding the orchestration between in-vehicle and out-of-vehicle services. Key words:Cloud computing, SOA, Service-Oriented Architecture, REST, Automotive software, AUTOSAR, Embedded software, Telematic services 1.はじめに 2.研究背景 近年,ACC(Adaptive Cruise Control)やLKS 本章では,本研究の背景となる自動車分野でのサー (Lane Keeping System)等の高度な安全運転支援シ ビス統合システムの課題について述べる. ステムの普及に伴い,車載電子制御システムは,益々, 大規模化・複雑化の一途を辿っている.更に, 最近で 2.1 自動車分野でのサービス統合システムの課題 は, 車外の交通インフラやiPhone, Android等のモバイ 車内と車外の夫々の機能やサービスを連携・統合し ル情報機器とも繋がり,クルマと車外の複数の情報サ た自動車分野でのサービス統合システム(Fig. 1)を ービスとが密に連携・融合する,所謂,サービス統合 構 築 す る 場 合 , 車 内 の 車 載 電 子 制 御 機 器 ( ECU: システムへと発展している. Electronic Control Unit)と車外のパソコンやモバイ また,将来的には, 低炭素かつ安全・快適・便利な ル情報端末等の情報機器との特性の違いに着目する必 新 モ ビ リ テ ィ 社 会 の 実 現 に 向 け , ク ル マ は ,PHV 要がある.両者は,夫々の機器に求められる特性がか (Plug-in Hybrid Vehicle)/EV(Electric Vehicle)の なり異なる.例えば,一般的に,車載電子制御機器の 電動化と合わせ,家・ビル・店・街等あらゆる社会の 方が,情報機器に対して,リアルタイム性(時間制約), 構成要素と繋がり,サービス連携範囲が,更に拡大し 安全性,信頼性,品質,コスト等の非機能要件が厳し ていくと予測されている. い.また,開発プロセスや製品サイクルも,車載電子 本稿では,そうした状況において,今後の広範囲か 制御機器の方が長い.従って,情報機器と同様の常時 つ付加価値の高い車内外のサービス連携の仕組み実現 接続を前提とした,クルマの情報通信ネットワークシ に 向 け , IT業 界 の 標 準 技 術 の 一 つ で あ る SOA ステム,即ち,自動車分野でのサービス統合システム (Service-Oriented Architecture)に着目し,サービス を構築しようとした場合,情報機器の場合とは異なる 統合システムの核となる安全かつ信頼性の高い車載向 課題が生じる. けのサービスプラットフォームのアーキテクチャを提 案し,その妥当性を評価したものである. *2013年7月18日 原稿受理 −172− 特  集

Recently converted files (publicly available):